JONPFレター

JONPFレター No.2 救急外来でのチーム医療

地域医療機能推進機構仙台病院(JCHO仙台病院)
看護部 診療看護師(NP) 鈴木 孝平
 
◆病院概要
所在地:宮城県仙台市泉区
病床数384床 診療科20科 年間救急車受け入れ約2000台
 
◆診療看護師(NP)の活動内容 
 当院には診療看護師(NP)が5名勤務しています。所属は看護部で4名が病棟、1名が手術室配属です。
3名が診療看護師(NP)の活動を行っており、2名は各診療科のローテーション研修中です。
 私は腎臓内科・耳鼻科・小児科の混合病棟及び救急外来で勤務しており、病棟看護師としての一般看護業務、救急外来での患者対応、PICCや手術助手等依頼を受けての診療看護師(NP)の活動と3種類の勤務をそれぞれ1週間毎ローテーションしながら活動しています。

◆救急外来でのチーム医療
 当院に救急医はおらず、午前・午後当番制で救急担当医を決め、外来や手術等の通常診療と並行して救急車の対応を行っています。スタッフは診療看護師(NP)1名と病棟看護師2名、事務1名で回しています。
      
救急担当医
 
AM 消化器 総診 外科 総診 腎科
PM 外科 整形 循内 総診 泌尿器
 限られたマンパワーの中、素早い初期対応をするための取り組みとして、主訴から鑑別疾患を考え、処置物品などを事前に準備すること、エコー下での末梢確保や、検査の提案、優先度を考えた行動、コメディカルスタッフとの情報共有などを行っています。その他、特定行為・特定行為以外の診療の補助行為、患者・家族への病状説明の補助、など多岐にわたり現場で活動しています。
 初めは診療看護師(NP)と医師のみで救急外来を回していましたが、救急車受け入れ件数の増加に伴い看護師の増員が必要となりました。診療看護師(NP)と看護部長で話し合いを行い、外科・整形外科病棟より1名ずつ救急外来へ応援に来る体制を作りました。病棟看護師へアセスメントや考えを伝えながら働くことで、フィジカルアセスメントや先を予測して行動する能力の向上が見られてきました。また入院後、注意して観察すべきポイントについても情報共有ができ、患者の安全や看護師のスキルアップにもなっており、良い連携の形が作れていると感じます。

◆課題と展望
 現在、病院全体で稼働率が高く推移しており、ベッドが満床で救急車を断るケースがあります。「断らない救急」を実現するためには、限られた病床を効率よく回転させ、受け入れ病床を確保する必要があります。今後の課題のひとつとして、診療看護師(NP)とMSWが連携し、早期に介入することで平均在院日数の短縮化を図ることが必要と考えます。また、今後も病棟看護師への教育を行い、「アセスメントしタイムリーに対応できる看護師」を増やすことで、救急外来も円滑に回り、病棟での看護も安全と質が向上するのではないかと考えます。
 

JONPFレター No.1 第9回日本NP学会学術集会 特別企画

第9回日本NP学会学術集会 特別企画
「ナース・プラクティショナー(仮称)制度創設に向けたOne Voiceへの取り組みと課題」について

酒井博崇
総務理事/広報委員長/制度検討委員


 2023年10月20〜22日に北海道で開催された第9回日本NP学会学術集会(樋口秋諸大会長)において
日本看護協会、日本看護系大学協議会、日本NP教育大学院協議会(以下、本協議会)の3団体による「ナース・プラクティショナー(仮称)制度創設に向けたOne Voiceへの取り組みと課題」と題した特別企画のイベントが行われました。
 本協議会からは、著者が、以下の本協議会及び診療看護師(NP)の活動状況の概要を報告しました。

 2023年4月1日現在の会員校は15校、本協議会が資格認定した診療看護師(NP)は 759名(うち、338名は、5年ごとの資格更新を修了)である。
診療看護師(NP)は活動実績等をエビデンスとして学会誌等に数多く公表しているので、その一部を表1に示す。一方、本協議会は、2021年より定点調査として診療看護師(NP)を対象にした活動実態調査を行なっており、2022年活動実態調査の回答者は337名(50.2%)であった。回答者の多くが自由記載欄に意見等を記載しており、その内容を帰納的に分析した結果、①診療看護師(NP)の裁量範囲(「薬剤の選択と使用」「検査の必要性の判断と依頼」「施設・指導医師によって裁量範囲に差がある」など)、及び②診療看護師(NP)の立場・責任(「実施可能な範囲・立場が不明瞭」「責任の所在が不明瞭」「特定行為研修修了者との違い・規定がない」「診療報酬に結びつかない」「給与・処遇に結びつかない」「モチベーションの維持が難しい」など)が明確でないために、タイムリーな活動に制限があるとの赤裸々な意見が寄せられている。

 3団体では、現在、「ナース・プラクティショナー(仮称)」の国家資格化を目指し、3団体間で、「ナース・プラクティショナー(仮称)」の役割・定義やコンピテンシー及び、コア・カリキュラムに関する検討を進めております。検討にあたっては、本協議会としては、7つのコンピテンシー(HP及び日本NP学会誌.4(2) 01-02(29-30)(2020)参照)をもとに、2008年から現在まで継続し実施してきた診療看護師(NP)の養成教育のカリキュラム(表2に示す修了要件55単位以上)、資格認定試験、資格認定更新制度、修了後研修などの経験、診療看護師(NP)の活動等に関するエビデンス、実態調査を通して診療看護師(NP)の皆さんから寄せられた意見などを反映していくようにしていきたいと思っています。
 診療看護師(NP)によるエビデンスの公表が、「ナース・プラクティショナー(仮称)」の国家資格化に向けて社会を動かすことになると思っていますので、学術誌等に投稿していく努力が必要と考えています。
 

 
 

AANP(American Association of Nurse Practitioner)

National  Conference 1 National Conference 1

  皆様、こんにちは。私は12年前に東京医療保健大学修士課程で高度実践看護師コースを修了した1期生の筑井菜々子と申します。今は診療看護師として地域医療振興協会内の様々な病院でGIM-NP(General Internal Medicine)として活動しております。この度、2020年にAANP(American Association of Nurse Practitioner)の日本のAmbassadorに選んで頂きました。Covid19のため延期になっておりましたNational  Conferenceが2022年に行われることとなりFloridaのOrlandoで開催された学会に招待して頂き参加してまいりました。
私の他に8名のNPが選ばれ、ケニア、タンザニア、スリランカ、ブラジル、シンガポール、ガーナそしてスロバニアと国際色豊かなメンバーと一緒にConferenceに出席しました。どの国もNPに関してはまだ途上国であり、まさに今、NP制度の立ち上げのために奮闘しているメンバー達でした。なかには自国に1名しかいない本当に第1号のNPであったり、日本と同様にまだ法制化には届かず、どうしたら国家資格になるのか知恵を出し合っている国もありました。また、アメリカのNP制度を学びに来ている方もいました。皆、NPという職業に対して自国の責任を背負っている方々でした。彼らと一緒にNPについてDiscussionすることは、同じ志を持つ者ゆえにとても有意義な刺激的で素晴らしい時間でした。今回の参加で世界に横のつながりが出来たことは私にとって、とても大きな収穫でした。また、日本のNPをこのような国際的な場で紹介できることに感謝しつつ、自分たちが世界に追いつくためのスタートをすでに切っていることに勇気をもらいました。 
 今回素晴らしい学会に参加することが出来たのは、12年前、日本中のほとんどの人が知らないNPを始めていこうと考えた我が母校とその先導にたってくださった草間先生をはじめ、諸先生方、関係者の皆様、そしてこの制度に飛び込んで来た20名の級友達のお陰です。今、NPという、遣り甲斐のある仕事が出来ることに感謝の気持ちで一杯です。
 米国の35万人のNP達の熱気、NPとしての誇り、貪欲に学ぶ姿勢、社会に与えている影響力などは想像以上に素晴らしいものでした。毎日行われるLectureは100近くあり、それが7日間続きます。殆どのLectureはNPによって行われます。内容もEBMをしっかりと取り入れた医学的な内容に+NPとしての患者さんを診ていく視点も組み込まれていました。質疑応答も途中で質問があればいつでも質問出来る雰囲気があり、参加者の学ぶ姿勢も実に積極的でした。朝と昼は企業がスポンサーになる豪華な食事付きのLectureがやはりNPによって行われ、米国においてはNPが経済的に力をもっていることを実感しました。夜はこの1年、臨床や、教育、また社会において、Impactを与えたNPの方々が50州から選ばれ表彰されたり、名誉なメンターの称号を受賞したNP皆様の表彰式が開催されたり(当校に講義にきて頂いたエクランド雅子さんが今年選ばれ表彰されました!)とあっという間に1日が過ぎていきます。1週間の学会ですが、ここで学び得たことを日本のNPの発展に少しでも貢献できるよう頑張りたいと思います。そして、今、日本中のいる700名近いNPの一人一人が皆、今自分達が出来ることのBestを尽くし、日本の医療に貢献していることに誇りを感じます。そして日本のNP達が諸外国からも認められ、世界に羽ばたく日はそう遠くない未来にあることを確信しております。

筑井菜々子

National  Conference 2 National Conference 2

National  Conference 3 National Conference 3

ヘルシーソサイエティ賞


社会医療法人北晨会 恵み野訪問看護ステーション「はあと」所長の樋口秋緒さんが、​訪問看護における診療看護師(NP)の先駆者として、地域包括ケアの質向上に貢献したことが評価され、ヘルシー・ソサエティ賞を受賞しました。

 
  受賞者の活動紹介 (紙面)

  受賞者の活動紹介 (ダイジェスト版・You Tube)
 
 
 *ヘルシー・ソサエティ賞は、 より明るい今日とより良い明日に向けて、 健全な社会と地域社会、そして国民のクオリティ・オブ・ライフの向上に 貢献した方々を称える目的で、公益社団法人日本看護協会とジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループによって 2004年に創設されました。  


                                                                                                                                                                                                                                                      

このページの先頭へ